ブログ

外壁塗装はしなくても問題ない!?

2019.9.13

1.「10年たったら外壁塗装」は本当に必要か?

 

「家を建てて10年たったら、外壁塗装」という方は多いと思います。
10年ごとに、塗装でお金がかかるのか・・・。なんて悩んでいる方も多いかもしれません。

「10年たったら外壁塗装」は本当に必要か?と聞かれたら、私たちは塗装店ですので必要です、と答えたいのが本音ですが、実際のところは、家の状況とお客様の希望によるところが大きいのが実情です。

 

 

2. 塗装工事はなぜ必要?

 

外壁塗装や屋根塗装の一番の目的は、家の外装(屋根・壁)を保護すること、家の防水機能を維持することが目的です。

 

屋根や壁は紫外線を浴び続け、風雨にさらされ劣化が進みます。
材質により劣化の速度は異なりますが、それでも劣化しない素材なんてものはありません。

 

塗装はその劣化を遅らせることが目的であり、塗装をすることで塗膜が保護膜となり、長持ちさせることができるのです。

 

また塗装工事で重要なのが、コーキングや漆喰などの屋根材や外壁材の隙間を保護する工事です。

これら防水をすることで、家の寿命は長くなります。

 

 

3. 塗装をしないとどうなるのか。

 

塗装をしなければ、15年もすると一般的な屋根は剥がれや割れなどが目立つでしょう。
屋根が一部剥がれたり割れたりしても、屋根材の下にはルーフィング(防水シート)と呼ばれるシートが張られているため、すぐに雨漏りするわけではありません。

 

 

しかし防水シートも経年劣化をしますので、放置しておけば雨漏りへとつながります。

 

外壁は、まずコーキングから劣化していきます。
コーキングが経年劣化でひび割れたり、剥がれ落ちたりします。

コーキング劣化

そうすると、この壁材の間などから雨水が侵入し、雨漏りの原因となります。
(壁からの雨漏りも実は結構多いのです。)

 

さらに外壁材は塗装をしなくても、一般的な窯業サイディングであれば、
20年程度は問題なく持つでしょう。(気候や立地条件にもよります。)

ただし防水という最低機能は維持できたとしても、汚れやくすみなどは目立つようになってきます。

屋根にしろ壁にしろ、塗装で保護できないほど劣化が進行すると、葺き替え、張替えが必要になるのです。

 

 

4. 結局、塗装は必要なのか。

外壁リフォーム

 

こういったことを踏まえたうえで、原則は10年に一度の塗装は必要です。
しかし、きちんと今後の住宅計画も考える必要があると思うのです。

例えば、引っ越しをする可能性がある、家族が増えて家を増改築する可能性がある、などといった場合には、
コーキングだけにしておくなど、様々な選択肢があって良いと思います。

 

特に必要だと思うのは、

 

・今後、引っ越す予定も、増改築する予定もない場合。
・家を新築して、10年以上たっている場合

 

この2点だと思います。

 

10年前に塗装をされた方は、だいたい20年以上は経過しているはずです。
20年以上経過していれば、窯業サイディングなら最後の塗り替えになる場合が多いです。

それ以外の選択肢としては、家の材質にもよりますが、張り替え、葺き替えを検討したほうが、一時的には金額は高くても、長い目線で見ればコストを抑えることもできます。

 

このように状況によって塗装が必要な場合とそうではない場合が異なります。

 

私たちは、塗装することだけが仕事ではなく、お客様のお住まいのパートナーとして、常にお客様にとってのベストをご提供していきたいと思っています。

お住まいの屋根や壁で気になることがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る