現場レポート

甲斐市S様邸、外壁塗装屋根カバー工事 足場設置

2021.9.3

甲斐市S様邸、外壁塗装・屋根カバー工事足場設置致しました。
外壁塗装工事で、何よりも最初に行われるのが、足場の組み立て工事です。
足場架設工事自体は1日で終わりますが、最初に設置された足場は、その後続く、養生、高圧洗浄、下地処理、塗装といった、一連の作業の安全性と施工品質を維持し続ける存在となります。
足場を組むことによって、建物の周りの空間が作業スペースと化します。
作業スペースが増えることによって足元が安定し、ハケやローラーを使うときに、手元が狂いにくくなります。
また、工具を持ち替えるときには、足場の板に塗料が入った入れ物や工具をいったん置いて、手を開放することも可能です。
足場があることによって、高所でも、職人が体制を崩しにくくなり、敷地内での転落事故を防ぐことができます。
また、足元だけでなく、手元の自由度も上がりますので、うっかり工具を落としたときや体制を崩したときに、とっさに受け身を取りやすくなるでしょう。
さらに、足場の上にいる職人だけでなく、足場の下にいる家の住人も、物や人の落下による事故から守られるようになります。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます