現場レポート

甲府市M様邸、外壁・屋根塗装工事 ベランダトップコート

2021.8.29

ベランダ床のトップコート塗装です。
ウレタン防水用のトップコート塗装を行いました。
防水工事のトップコート塗装とは、防水層を守るために塗装をするという事です。
「防水層のコーティング塗料」と考えるとイメージしやすいかと思います。
防水層とは何かを簡単に説明すると、雨水の建物内部への浸入を防ぐために作られた層の事です。
防水工事とは防水層を形成することなのです。
防水を施す場所は、屋根やベランダなど外気にされされる箇所がメインとなります。
直接外気に触れる部分は、紫外線や風雨の影響によりダメージを受けていきます。
ダメージを受け続ければ、防水層の劣化が進み防水の機能が失われていき、雨漏りや建物内部の腐敗に繋がっていってしまいます。そこで防水層にトップコートを塗り、防水層を保護しダメージ軽減させるのです。
トップコートは保護の役割であり、防水性能はありません。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます