現場レポート

韮崎市A様邸、外壁・屋根塗装 屋根塗装下塗りシーラー2回目

2021.2.15

屋根塗装下塗りシーラー2回目です。
このコロニアル屋根は傷みやすい屋根材になりますので、シーラーを2回入れることを特におすすめします!
コロニアル屋根のメリットは3つあります。
価格が安い
軽量で耐震性が高い
工事できる業者が多い
コロニアル屋根は瓦や銅板屋根に比べて価格が安い傾向があります。 
瓦の価格は、コロニアルの1.5〜2倍程度です。
また、軽量なため地震に強いメリットがあります。
コロニアル屋根のデメリットは3つあります。
ひび割れしやすい
劣化しやすい
アスベストの危険性がある
コロニアル屋根は耐久性が低く、ひび割れしやすい特徴があります。
また、劣化によりコケやカビが生えやすいデメリットもあるでしょう。
2004年以前のコロニアル屋根ではアスベストを含んでいる危険性があることもデメリットのひとつです。
古い屋根の解体時には注意が必要ですが、新しく使うコロニアル材にはアスベストが含まれていないため心配いりません。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます