現場レポート

中央市F様邸、外壁・屋根塗装 養生作業

2020.10.9

今日は、養生作業になります。
外壁塗装など建築用語での「養生」とは、工事現場で建物の「保護」を目的とした作業工程の1つです。家やビルなどの建物にビニールシートやメッシュシート覆うことで、建物を守ります。最後に、養生をすべて取り払い納品・完成となることが多いです。
外壁塗装における養生は、塗料から建物の塗装しない部分を守る役割をしています。作業の過程で塗料が飛散したり、はみ出したりしてしまわないように、あらかじめ養生を施すことが基本です。
養生作業に使う道具にはたくさんの種類があり、用途に合わせて使い分けます。それぞれの道具の名前と特徴をご紹介しましょう。
【養生用ポリシート】
養生用ポリシートは、窓や窓枠などを塗料から保護するときに使います。一般のビニールと異なり、付着した塗料が乾燥しても塗料が剥がれ落ちにくいため周囲を汚しにくくなります。
【マスキングテープ】
粘着力の弱い「止めテープ」です。養生用ポリシートを窓や窓枠にはる際に使用します。粘着力が弱いため、家屋を傷つけたり、汚したりすることがありません。マスキングテープの代わりに手切れ性の高い養生カットテープを使用することもあります。
【マスカー】
マスカーは優れた道具で、養生用ポリシートとマスキングテープの役割を果たします。作業性の高いマスカーを使えば、貼ると覆うを同時に行うことが可能です。
【ノンスリップマスカー】
ノンスリップマスカーは、床の養生に使用します。特徴はマスカーに滑り止めの機能が加わっていることです。塗料の飛散から壁や窓を防ぐマスカーは便利ですが滑りやすいため、足元の養生には向いていません。代わりに滑りにくくなっているノンスリップマスカーを使用します。
【ブルーシート・布カバー】
広い範囲の養生を目的とした場合、ブルーシートや布カバーを使います。ブルーシートで広範囲の養生を行い、人が歩く幅だけノンスリップマスカーを使うという組み合わせでも使用されています。プラべニアという壁面養生を簡単にする資材もあります。
【カーカバー】
カーカバーは、文字通り車全体を覆う際に使用することが目的の養生資材です。強風で塗料が遠くまで飛ばされる可能性があるときや、施工場所と車の位置が接近している場合に使用します。
【飛散防止ネット】
家全体を覆うことが目的のメッシュシートです。足場の設置と同時に施され、完成の際に取り外されます。高圧洗浄の際の水はねや塗料の飛散を防ぎます。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る