現場レポート

笛吹市T様邸、外壁・屋根塗装 付帯部塗装

2020.7.10

メインの外壁・屋根塗装終わり、付帯部塗装になります。
付帯部塗装が重要と言われる理由は、付帯部の多くが建物の防水性を司っているからに他なりません。
壁や屋根だけしっかり塗装しても、付帯部の劣化を見過ごすと建物の防水性は上がりませんし、塗装後の美観も損ねてしまいます。
例えば雨樋の破損を放置すると、屋根からの雨が外壁に直撃してしまい、外壁の塗膜の劣化が早くなってしまいます。
さらに、雨が一箇所にまとめて排水されなくなり、敷地の周りや隣家に飛び散ってしまうこともあるでしょう。
また、破風板や鼻隠しといった屋根の周囲に貼られている板が腐食すると、屋根の内部に雨水が入り込むようになり、雨漏りに繋がってしまいます。
そのほか、一見重要性が低そうに見える軒天は、雨水が当たらないからと放置しやすい箇所です。
しかし台風や強風を伴う大雨でいつのまにか腐食していることもあり、放置すると外壁への漏水を招いてしまうでしょう。
このように、付帯部の多くは建物の防水性を維持しているのです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る