現場レポート

笛吹市F様邸、外壁・屋根塗装 付帯部塗装

2020.4.23

仕上げの付帯部塗装になります。
住宅の外壁塗装というと、屋根や壁面の塗装が思い浮かびますよね。
外壁塗装をする際、屋根や壁面と一緒に塗装する箇所に「付帯部(付帯部分)」という部分があります。
外壁塗装について調べているとよく目にしたり、見積もりに記載されたりしている「付帯部」ってなんだろう?塗る必要はあるの?
今回は「付帯部」は一体どこの部分なのか、付帯部を塗装する必要性をご紹介します。
付帯部(付帯部分)は大まかに壁面と屋根以外の細かい所の事をいいます。
具体的に以下のようなところを付帯部といいます。
付帯部塗装
付帯部には軒天、破風板、鼻隠し、雨樋、換気フード、ポスト、庇(ひさし)や水切りがあります。
古い住宅は付帯部が多いことがあります。
また、エアコンのホースやガスメーターの配管なども、付帯部として塗装することもあります。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る