現場レポート

甲府市K様邸、外壁・屋根塗装工事 屋根塗装下塗り

2020.3.23

屋根塗装下塗りになります。
モニエル瓦になりますので、専用のプライマーで下塗りします。
モニエル瓦はとても吸い込みが激しいのでたっぷり塗っていきます。
ここでは乾式洋瓦(モニエル瓦、クボタ洋瓦、スカンジア瓦)の屋根材で、失敗しないための塗り替え塗装のご紹介をしたいと思います。モニエル瓦は塗装後の塗膜剥離のトラブルが非常に多い瓦です。一昔前は塗装出来ない瓦だといわれていましたが、近年モニエル瓦専用の塗り替え塗料なども出てき、また、施工方法なども確立してきたこともあり、以前だと高額な屋根の葺き替え工事で対応していた場合も、塗り替え塗装で対応できるようになりました。とはいっても、いくら専用の塗料が出来ても、高圧洗浄など手を抜くと、やはり早期の塗膜剥離を起こします。
モニエル瓦とは、コンクリートを基材にスラリー層(着色セメント)で着色し、クリヤーのトップコートで保護されたコンクリート瓦の事です。よくセメント瓦と間違われることがありますが、通常セメント瓦にはスラリー層が無く、一般的な見分け方として、モニエル瓦はコンクリートでできているので、小口の切り口が写真のようにギザギザになり、セメント瓦の小口の切り口はつるっとした真っ直ぐな切り口になります。この時点で間違った塗料の選択で塗装後のトラブルにつながることもあります。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る