現場レポート

昭和町I様邸、外壁・屋根塗装 屋根塗装下塗り

2020.1.28

外壁塗装終わり、屋根塗装の下塗りです。
コロニアル屋根なので、下塗りはシーラーです。
コロニアルとは、スレート屋根の事で、クボタ松下電工外株式会社の商品名です。
1995年の阪神淡路大震災が起きてから、建物の耐震性が重要視されるようになり、比較的軽量のコロニアルが多く使われるようになりました。現在では一番使用されている屋根材になります。
セメントと石綿(アスベスト)が主原料のスレート屋根材が多く使用されていましたが、2004年に法律でアスベストの使用、製造等が禁止になったため、現在ではノンアスベストの屋根材になります。
そこで、松下電工外株式会社がアスベストを使用していない屋根材として安心してもらうために、新たにカラーベストという商品名で売り出しました。基本的には、スレート屋根、カラーベスト、コロニアルは同じだと思っていいでしょう。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る