現場レポート

昭和町I様邸、外壁・屋根塗装工事 養生作業、軒天塗装

2020.1.24

今日は養生作業と軒天塗装の様子の写真です。
養生とは保護するという意味です。外壁塗装で使われる養生は、塗料の塗らない場所を保護することを言い、以下の3つのことを指します。
・周りの家に高圧洗浄の水や塗料が飛び散らないように家をメッシュシートで囲うこと。
・アルミサッシや窓、床など塗らない部分にビニールやテープ、マスカーなどで保護すること
・車や植木など塗料が付くと困る部分をシートで保護すること
軒天には基本的に日が当たらないため、白色やクリーム色など明るい色の塗料を使用して明るさを出すことが多いです。
軒天は垂木や野地板を隠すほか、火事の被害を抑える役割も担っています。
垂木は屋根板を支えているパーツで、垂木の上に張られるのが野地板です。
軒天には不燃材が使用されているため、延焼を防ぐことができるのです。
また、多数の穴が開いた有孔板であるため空気を取り入れることができ、結露やカビの防止にも役立っています。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます