現場レポート

南アルプス市K様邸、外壁・屋根塗装工事 外壁塗装下塗り2回目

2021.8.4

外壁塗装下塗り2回目になります。
1回目と同じく微弾性フィラーで施工になります。
微弾性フィラーは、塗膜に弾性・伸縮性を持つことでクラックがあったとしても、小さなものであれば追従してくれます*。弾性のない固い塗料をクラックが発生している外壁に塗ってしまうと、塗膜が追従してくれず、早い段階でクラックが広がってしまいます。粘りのある塗料を塗布することで塗膜がひび割れに入り込んで、伸縮してクラックを起こりにくくしてくれるのです。
* 2~3mm以上の大きなクラックには追従できないため、他の方法で対処する必要があります。
微弾性フィラーは、シーラーとフィラー両方の機能を兼ね備えた下塗り材です。
・シーラー:下塗り材として塗布することで、下地を覆って(シール=塞いで)上塗り材が下地に吸い込まれるのを避けることで、上塗り材が下地に吸い込まれて起きるムラを抑える役割を持っています。
・フィラー:下塗り材として塗布することで、素材の凹凸、ひび割れ(ヘアークラック)、隙間などを埋めて滑らかにします。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます