現場レポート

中央市F様邸、外壁・屋根塗装 外壁塗装上塗り

2020.10.15

外壁塗装、仕上げの上塗りになります。
塗装には下塗り・中塗り・上塗りの3段階があります。
上塗りは塗装の最終段階であり、仕上げの工程といえるでしょう。
下塗りではプライマーやシーラーと呼ばれる下塗り用の塗料を使います。
これに対し、中塗りと上塗りで使うのはどちらも「上塗り材」と呼ばれる塗料です。
中塗りを「1回目の上塗り」、上塗りを「2回目の上塗り」と表現する場合があることも覚えておきましょう。
上塗りの役割としては、中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠す、雨風や汚れから外壁を守るといった機能が挙げられます。
上塗りは家の外観を決定づける工程であり、外壁の色ツヤがどう仕上がるかは上塗りで決まります。
遮熱性が高い塗料、カビに強い塗料など、特別な機能を持つ上塗り材もあるので検討してみると良いでしょう。
塗料の種類によってはさらにもう1回、もう2回と上塗りを繰り返すこともあります。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る