現場レポート

笛吹市F様邸、外壁・屋根塗装 屋根塗装下塗り2回目

2020.4.19

屋根塗装下塗り2回目になります。
同じシーラーを2度目の塗装です!
シーラー塗装の後、タスペーサーを差しました。
「縁切り(えんきり)」「タスペーサー」、どちらも聞きなれない言葉かもしれませんが、屋根塗装の話の際この2つの単語は割と良く出てきます。
屋根塗装をご検討中の方は「縁切り」「タスペーサー」の意味を知っておいていただけると見積もりの際に話がスムーズに進むと思いますのでご説明します。
縁切りとは薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)、商品名で言うとカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。
どういうことをするかと言うと、従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業でした。
現在はタスペーサーという部材の挿入で縁切り作業を行う場合が増えました。
カッターによる縁切り、タスペーサーによる縁切りいずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業だと思っていただけるといいでしょう。
屋根と屋根の間に隙間を作ると雨漏りするのではないか?
いい質問です。
実は逆に屋根と屋根との間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険なんです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る