現場レポート

笛吹市F様邸、外壁・屋根塗装工事 養生作業

2020.4.12

外壁塗装では主に、以下の2つの塗装方法が採用されています。
刷毛やローラーを使って塗装する「手塗り」
スプレーガンなどで噴射して塗装する「吹き付け」
塗装の際には、必ずといっていいほど塗料が飛び散ります。
住宅の外壁の塗り替えの場合、ローラーで塗装することがほとんどですが、ローラーでも塗料は少なからず飛び散ってしまいます。
一方、「吹き付け」を選択する場合は、手塗りよりも塗料が近隣に飛散しやすくなります。
よって、塗料の近隣への飛散を防ぐためには、飛散防止ネットで家全体を覆う必要があるのです。
飛散防止ネットは高圧洗浄時の水の飛散にも対応できるため、外壁塗装の際に広く活用されています。
塗装中に窓を開けると、当然のことながら飛散した塗料が部屋の中に入ってきてしまいます。
施工時は窓にも養生を施すため、期間中は窓を開けることができません。
室外機にも養生を施すためにエアコンを使用できないこともあるので、夏場などの気温の高い季節に塗装を行う際は注意が必要です。また、塗装中は洗濯物を外に干すこともできなくなってしまいます。洗濯の際は、部屋干しかコインランドリーの使用をおすすめします。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る