現場レポート

甲府市M様邸、外壁・屋根塗装工事 養生作業

2020.3.31

まずは養生作業になります。
養生とは、建築現場で広く取り入れられている作業工程のひとつ。建築現場においては、「建物の保護」を目的として家屋をビニールシートやメッシュシートで覆う工程を指します。本作業の前に施し、納品時にはすべて撤去するのが原則です。
  *塗料の飛散を防ぐ
外壁塗装における養生の役割は、主に塗料の飛び散りを防ぐこと。塗料は液体ですから、それを人の手で塗るとなれば、飛散はもちろんのこと、塗らなくてよい部分まで塗ってしまうことも考えられます。よって、外壁塗装をする際には、あらかじめ養生を済ませてから塗装作業に入るのが一般的です。
  *飛散防止ネットで家全体を覆う
外壁塗装では主に2つの方法が採用されています。1つは刷毛(はけ)やローラーを使う「手塗り」という方法で、もう1つはスプレーガン等で噴射する「吹き付け」と呼ばれる方法です。特に「吹き付け」を使用する場合は、施主(依頼主)の家屋の近隣にも飛散しやすいことから、事前に飛散防止ネットで家全体を覆います。また、飛散防止ネットは高圧洗浄時の水の飛散にも対応できるため、外壁塗装の際に広く活用されています。
塗装によって窓ガラスやマイカー、家の中の家具・家財などが被害を受けることも。そのため、業者は各箇所に応じて適切な養生を施します。マイカーや植木であれば全体を覆うための養生、ベランダや窓枠には塗料が室内に浸入しないようにするための養生、そしてエアコン室外機には、その使用を妨げないような養生など、施主の日常生活に配慮して施すのです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る