現場レポート

上野原市O様邸、外壁・屋根塗装工事 付帯部塗装

2020.3.10

残りの付帯部塗装になります。
付帯塗装とは、外壁塗装と屋根塗装以外の付帯部の塗装のことです。
軒天、雨樋、破風・鼻隠し、笠木、雨戸・戸袋、水切り、シャッター、配管などが付帯になります。
外壁や屋根を塗装する際には、この付帯部分も一緒に塗装をします。外壁だけ塗装してきれいになっても、この付帯部分が劣化していれば、なかなかきれいに見えません。
付帯部は、素材が木製や鉄製、塩化ビニール製など様々ですが、塗装することで家の寿命を延ばすことにつながります。
例えば軒天の塗装の防水性が切れて雨漏りしたり、破風・破風板の劣化で塗料が剥がれて腐食するなど、放っておくと建物内部に悪影響をもたらします。
外壁と屋根を塗装すれば安心!ではなくて、付帯部の塗装もすることが重要なのです。
付帯塗装をするために足場をかけるのはもったいないので、通常は外壁塗装・屋根塗装と合わせて付帯塗装を行います。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る