現場レポート

中央市M様邸、外壁塗装工事 養生作業

2020.2.25

まずは養生作業です!
いわゆる塗装の準備作業なのですが、とてもとても大切な作業になります。これで仕上がりが決まると言っても過言ではありません。
養生とは、塗料が飛んだり垂れたりして建物を汚さないように、サッシや窓などをビニールで覆うことです。
養生の出来によって、仕上がりが変わってきます。外壁を塗り替えてキレイになったはずなのに、なぜか雑に見える時は、養生がいい加減な業者かもしれません。
養生テープを真っ直ぐに貼ることで、境界部分の塗装が真っ直ぐになるかガタガタになるかが決まります。境界がガタガタになっていると美しく見えません。後から直すこともできますが、手間になります。
テープを真っ直ぐ貼れば良いだけなので簡単に思うかもしれませんが、壁はデコボコしていますので、思っているよりも難しいです。職人さんによって出来が変わってくる部分です。
養生することで窓サッシに塗料が飛ぶことが防げますが、窓が塞がれることで、塗装工事中は窓が開けられなくなります。
塗装工事は、下塗り⇒中塗り⇒上塗りの3回塗りが基本で、それぞれの塗りの後に乾燥の時間も入りますので、数日間は窓が開けられなくなります。
塗装期間は基本的に窓を閉めきり、場合によっては雨戸も閉めますので、昼間でも照明を付けなければなりません。夏場は息苦しさを感じることもあります。
ただ、養生の仕方によっては、多少の空気を通せるやり方もありますので、密閉空間が気になる方はご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます