現場レポート

甲府市アパート、外壁・屋根塗装 屋根塗装上塗り

2019.11.7

屋根塗装仕上げの上塗りになります。
上塗り次第で、仕上がりや耐用年数が大きく左右されます。
その為、上塗りには塗装職人の技術に大切です。
上塗りに手を抜いてしまうと風雨や紫外線によってすぐに劣化してしまいます。
①美観性
上塗りはムラや塗り残しがあるととても目立ち、美しくない外観のまま今後10年以上を過ごさなくてはいけなくなってしまいます。
その為、中塗りと上塗りを分け外壁を丁寧に塗装していきます。
②耐久性
上塗り・中塗りで使用される塗料は5~20年程の耐久年数があります。
例えばシリコン塗料やフッ素塗料といった塗料が使用されます。
塗料によって金額は様々ですが、高額なほど耐久性が高くなります。
塗料は耐久年数を迎えると防水性が低下し住宅を傷めてしまいます。
放置せずに定期的にメンテナンスすることが重要です。
③中塗り・上塗り塗料(樹脂)の別の機能性
塗料には耐用年数だけではなく、防音や防カビ、遮熱性などの機能が付いた塗料があります。
そういった塗料は塗装工事費が高額になりますが、ご自宅の住環境に合った塗料があれば選択肢に入れてみるのも良いでしょう。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る