現場レポート

富士吉田市F様邸、外壁・屋根塗装工事 屋根塗装下塗り

2019.10.26

今日から屋根塗装下塗りの錆止めです。
今回の錆止めの色は黒です。こういったガルバリウムの屋根の下塗りは錆止めプライマーを使用します。
錆止め塗料とは、金属の腐食を防ぐ効果のある塗料を指します。金属の表面に皮膜を形成し、錆の原因である水や酵素を遮断・除去することで錆や腐食を防ぎます。
塗料の成分は顔料・樹脂・溶剤・添加物などで構成されますが、錆止め塗料は防錆効果のある顔料を使用することで錆止め効果をもたせています。
かつての錆止め塗料は鉛系やクロム系が中心でしたが、近年は人体への影響や公害の問題から、鉛クロムフリーの錆止め塗料の開発が進んでいます。
代表的な錆止め塗料には樹脂の分類ではエポキシ樹脂系、油性系、合成樹脂系、フェノール樹脂系、エッチングプライマーなどがありますが、近年の主流はエポキシ樹脂系です。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る