現場レポート

富士吉田市F様邸、外壁・屋根塗装工事 シーリング工事

2019.10.20

今日はシーリング工事です。
サイディングの目地、サッシ回りなどの劣化したシーリングを打ち替えまたは増しうちします。
シーリング工事とは、外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事です。
この他、サッシの金具と壁のつなぎ目などにも行われます。
シーリングをする目的は、つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」にあります。
シーリングは環境によって異なりますが、紫外線の影響を受け約5年を過ぎたあたりから劣化がはじまります。劣化が始まると、その「防水性」「伸縮性」を徐々に失い、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。雨漏りや外壁のひび割れは建物全体の劣化速度を一気に加速させる要因となりますので、気になることがあれば、すぐ相談して下さい。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る