現場レポート

北杜市別荘、外壁塗装工事 上塗り ラジカル制御型塗料

2019.9.1

外壁塗装上塗りになります!
これで仕上げの塗装になりますので、ムラなどないよう細かく見ながら仕上げます。
上塗りは、中塗りによってできた塗膜を補強し、分厚くするという目的があります。
外壁塗装を行う目的は、美観を高める効果の他に、建物のメンテナンスという意味もあります。
外壁塗装を行うことで、防水性能が高まり、建物の中に水が浸入しづらくなることで、建物の基礎を作る木材が腐食することを防止していますが、この防水性能は十分な厚さの塗膜がなければ効果を発揮することはできません。
そのため、上塗りでは中塗りの塗膜をしっかり補強し、分厚く頑丈な塗膜を形成することにあります。
また、上塗りには、塗装の最終仕上げという役割もあります。
いくら塗膜が厚かったとしても、美観が悪ければ外壁塗装が成功したとは言えません。
そのため、何度も塗装を繰り返すことによって、塗料のムラをなくし、きれいな美観を作り上げるのも上塗りの目的の1つといえます。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る