現場レポート

富士吉田市M様邸、外壁塗装工事 下塗り1回目 シーラー

2019.8.1

軒天塗装終わり、外壁塗装下塗り1回目シーラーです!
塗りムラないようしっかり塗布していきます。
シーラーは水っぽくさらさらしていますので、下地の吸い込みが弱い(下地の傷みが少ない)外壁に使われます。
シーラーは、外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗るもので、その後に塗る中・上塗りと塗装面の密着性を高める役割があります。よく下塗りと言われます。実は、上塗り材には密着性はありません。そのため、シーラーが両面テープのような役割をします。
また、痛んでいる塗装面は塗料を吸い込んでしまう性質があります。そのため、シーラーをたくさん吸収させ、吸い込みを止める役割もあります。この場合、通常1回だけ塗るところを2回塗る必要があります。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る