ブログ

屋根の剥がれ、割れなど 屋根鈑金工事とは?

2019.12.15

屋根の剥がれや割れは、雨漏りなどのトラブルに直結する問題です。

屋根板金工事は雨漏りなどの雨仕舞に関係する重要なポイントになります。

 

屋根板金工事とは、屋根の頂上や端にあたる棟、尾、ケラバなどに設置する板金工事のことです。

その他にも谷という雨漏りに最も重要な場所も板金工事で行われています。

 

特に谷板金には、錆や劣化に強い銅を使用することも少なくありませんね。

屋根板金工事が必要な場所は、建物の形状や屋根の形状によって大きく変わります。

さらに瓦屋根の様に、谷板金しか施工する場所がないこともありますね。

建物の構造や納まりを理解していないと、なかなか想像することは難しいかもしれません。

 

くの屋根板金工事が行われる素材としては、スレートや金属屋根があります。

板金を固定している釘は、経年劣化によって浮きや抜けが発生しやすくなります。

板金を固定する貫板が木材の場合には、劣化で強度がなくなり釘が抜けやすくなることもあるので注意が必要ですね。

釘の浮きや抜けをそのまま放置してしまうと、釘穴から雨水が屋根の裏側に侵入してしまうことになります。

 

雨水の侵入は、屋根の構造材の劣化に直接繋がりますので早急の対応が必要になりますね。

建物の耐久性を考えたうえでも、重要な役割を屋根板金工事は担っていますよ。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る