現場レポート

甲府市A様邸、外壁塗装工事 足場設置

2020.8.9

足場設置終わりました。
業者が外壁塗装に専念するためには、足場の安全性を確保することが大前提です。足場がしっかりしていないと、塗装の質が落ちたり工事中に墜落事故が起きたりする恐れがあります。
大切な家の塗装をしてもらう業者には、足場にも気を配ってほしいですよね。
塗装に適した足場の種類や設置費用の相場などをあらかじめ知っていれば、見積もりをとる際に、その業者が足場に気を配ってくれそうかどうか判断することができます。
そもそもなぜ外壁塗装の際に足場を組むのかと言えば、

・作業の効率を上げること。
・作業員の安全性を確保すること。

この2点が目的です。

また足場にかけるシートも足場と同様作業員の安全を確保しつつ、塗料の飛散を防止する役割があります。

足場は塗装の工事期間中のみに必要で当然工事が終われば撤去するものなので高いと感じるかもしれませんが、足場を組まないことには塗装工事はできません。
そこをご理解ください。
一昔前は足場無しの現場もあったようですが今のご時世で足場無しはコンプライアンス上ありえません。
仮に足場無し、はしごのみで外壁塗装をしたとして、ペンキが他の家に飛んでしまった場合、塗装業者の工事保険は適応されないでしょう。
足場を設置していないというのは業者の過失とみなされるからです。
それくらい塗装工事に足場は必須のものなのです。
因みに昔は丸太で足場を組んでいた時代もあります。
2階立ての戸建ての場合であれば金属の足場より安くつくからです。
ただ丸太だと安全性の問題で不安があるので、今はくさび緊結式(きんけつしき)足場という金属のものを利用することがほとんどです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る