現場レポート

甲府市M様邸、外壁・屋根塗装完工

2020.7.25

外壁・屋根塗装工事完了の写真です(^^)
新築のように、雨樋なども新品のように仕上がりました!
雨漏り、外壁の損壊など、家に住むことに直接的な影響が出ないのであれば、そのまま外壁塗装リフォームをせずに過ごしていても良いのでしょうか。
結論から申し上げますと、答えはNOです。目に見えていなくてもしなくてはいけないのが外壁塗装リフォームです。リフォームのサインや兆候が現れなかったとしてもだいたい10年で外壁塗装を行うようにするべきなのです。
雨漏りは家の中まで水が入り込んでしまって、しかもそれが具体的に住居スペースにしたたり落ちてきて始めて「雨漏り」という事になるのかもしれませんが、この表面化した雨漏りは末期の症状と考えた方が良いでしょう。
雨漏りのイメージとしては、漏れてくるところにバケツを置いておいてそこに水がたまっていく情景を思い浮かべるかと思います。それで「雨漏りは家の中が不便だ」というイメージも抱かれるかと思います。
しかし、雨漏りは「部屋が塗れてしまって嫌だ」というよりも、屋根から、部屋の天井までの全ての部分に水が入ってしまっているというのが本当に怖いことなのです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る