現場レポート

甲斐市N様邸、外壁・屋根塗装工事 洗浄作業

2020.5.11

まずは下地をしっかり綺麗に!
洗浄作業からになります。
外壁塗装の際に、高圧洗浄を行うか否か、施工業者によって対応が異なる場合があります。高圧洗浄という工程は今では広く浸透してきてきたものの、まだ歴史が浅いこともあり、いまだに水洗いのみで塗装を行う施工業者もあるようです。
高圧洗浄の作業は、外壁細部のチェックや、防水の養生、水道代、乾燥などの作業時間と負担が高い工程です。それでも、仕上がりに大きく影響が出るので必ず行ったほうがよいといわれています。今回は、なぜ高圧洗浄が必要なのかポイントをまとめました。
どうして高圧洗浄が必要?
塗装された外壁の表面にできた塗膜は、古くなったり雨風雪などにさらされたりして年月を重ねて劣化していきます。劣化した塗膜は、少しずつ粉化し、触ると白い粉が付着するようになっていきます。これを「チョーキング現象(白亜化現象))といいます。
チョーキング現象が起きてしまった外壁の上に塗装を行っても、古い塗膜が邪魔になり剥がれやすくなってしまうのです。新たな塗装をしっかり定着させるためには、古い塗膜や汚れ、カビ、サビなどを高圧洗浄できっちり取り除くことが重要なのです。
高圧洗浄作業は仕上がりも変わる
外壁塗装の際、足場を設置したら塗装前に高圧洗浄作業を行います。高圧洗浄だけでは取れない汚れは、薬剤などを使ってこそげ落とします。業務用の高圧洗浄機はその名の通り圧力が高く、使い方を誤ると外壁そのもののダメージにつながる場合もあるので、職人の知識と仕事が仕上がりを左右します。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る