現場レポート

甲斐市M様邸、外壁・屋根塗装工事 コーキング工事

2020.4.28

コーキング工事です。
コーキングとは、外壁のひび割れを補修したりサイディングの目地を埋めたりするゴム状の素材です。シーリングとも呼ばれ、外壁工事では欠かせない素材となっています。
外壁でコーキングが必要な理由は「下地の劣化を早めないため」と「雨漏りなどを防ぐため」です。特にサイディングの外壁工事では目地に隙間が生まれてしまいます。放置すれば雨水が内部に侵入してしまうでしょう。
目地などをコーキングで埋めないと、隙間は劣化しやすくなります。劣化は隙間から他の部位に広がり、外壁の寿命を短くしてしまうでしょう。コーキングは主にサイディングボードの目地や、窓のサッシ周辺、換気口周辺といった隙間を埋めるために利用します。他にも、モルタル外壁の小さなひび割れを補修するためにも使われています。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます