現場レポート

甲府市M様邸、外壁・屋根塗装 付帯部塗装

2020.4.7

外壁と屋根の塗装が終わり、残りの付帯部塗装になります。
付帯部とは、メインの外壁、屋根以外のお家で塗装可能な様々な部分の事です。
写真は雨樋と破風板の塗装の様子になります。
付帯部」とは、軒天、雨どい、破風板、鼻隠し、笠木、水切り、雨戸・戸袋、シャッター、配管などを指します。
ここではあまり馴染みのないワード、軒天、雨どい(は、ご存知な方も多いと思いますが・・・)、破風板、鼻隠し、笠木、水切りの中の破風板について解説します。
破風板(はふいた)とは、日本家屋の屋根の特徴である三角部分の先端の断面部分のことで、そこに取り付ける板を破風板といいます。
一方で雨樋を取り付ける軒先部分の板を鼻隠しと言います。
鼻隠しは、地面と平行になった屋根の先端部分を隠す横板を指します。
以前は木製で造られたものが多かったですが、最近はガルバリウム鋼板が多く使われています。
住宅の耐風性能や耐火性能を高める重要な役割を持っている他、家の装飾としても重要なパーツです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る