現場レポート

甲府市F様邸、外壁・屋根塗装工事 外壁塗装下塗り

2020.2.10

外壁塗装工事下塗りです。
外壁はサイディングなので、シーラーで施工します。
通常、外壁塗装では下塗り1回、中塗り1回、そして上塗り1回の計3回の塗装が行われます。では、なぜ3回もの工程が必要なのでしょうか?
それは、仕上げ用塗料である中塗り・上塗り用塗料には密着性がほとんどないから。そのため、外壁にこれらの塗料を直接塗装してもしみ込んでしまい、しっかり密着できずにすぐ剥がれてしまいます。
下塗り塗料はそんな中塗り・上塗り用塗料を外壁にしっかり定着させるために必要なのです。
下塗り用塗料には、シーラー、プライマー、フィラー、バインダー、プラサフなどがあり、塗装する外壁の材質や状態により使い分けられます。その色は仕上げに塗る塗料とは異なり、乳白色や透明な色をしています。
また、仕上げ用塗料は、水性、油性に分類されます。それ以外に、屋内の熱を逃げにくくしたり、逆に熱を屋内に入りにくくする断熱・遮熱塗料や、光に反応して汚れを分解する光触媒塗料といった付加機能別によっても分類されます。下塗り用塗料は、外壁の状態やこれら上塗り塗料と相性の良いものを選ぶ必要があります。
「シーラー」とは、外壁塗装における下塗り用塗料のことで、接着剤のようなはたらきをするものです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る