現場レポート

甲斐市A様邸、外壁・屋根塗装工事 屋根塗装下塗りシーラー2回目

2019.9.12

屋根塗装下塗り2回目シーラーです。
その後、タスペーサーを入れています。
「縁切り(えんきり)」「タスペーサー」、どちらも聞きなれない言葉かもしれませんが、屋根塗装の話の際この2つの単語は割と良く出てきます。屋根塗装をご検討中の方は「縁切り」「タスペーサー」の意味を知っておいていただけると見積もりの際に話がスムーズに進むと思いますのでご説明します。
縁切りとは薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)、商品名で言うとカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。どういうことをするかと言うと、従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業でした。
タスペーサーは下塗りが完了した時点で屋根と屋根の間に入れることで隙間を作ります。
タスペーサーを挿入することで屋根と屋根のとの間に隙間が確保されるため、カッターによる縁切り作業をする必要がなくなります。
加えてカッターによる縁切りよりもタスペーサーを挿入する方が時間がかからない時間短縮=人件費という一番のコストも抑えられる綺麗に塗装した上を汚すこともない、いいことずくめなので従来のカッターの縁切りではなく、タスペーサーの挿入で縁切りの工程を行う場合が多いです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る