現場レポート

笛吹市W様邸、外壁・屋根塗装 屋根下塗り

2019.7.17

外壁塗装完了し、屋根塗装になります。
まずは下塗り、シーラーです。1度シーラーを塗装してからタスペーサーを差していきます。
タスペーサーは従来の縁切りをより確実に行うために考案された部材です。先述したように、屋根材のコグチ部分から挿入し、固定します。単純に手で挿入することができ、屋根面を傷つけることがありません。また、作業時間を大幅に短縮できるのもメリットです。通常の縁切りは肉体労働的な施工が必要になりますが、タスペーサーを使う場合は一般住宅の屋根に対して1人の作業員が2〜3時間ほどで施工を完了できます。
また、タスペーサー設置後に塗装を仕上げることができるので、足跡が付く心配もありません。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る