現場レポート

笛吹市M様邸、外壁下塗り

2019.4.1

今日は外壁の下塗りです。
今回はサイディングなのでシーラーという下塗り材で施工になります。
下塗りはサイディング壁ならシーラー、モルタル壁ならフィラーと仕様が変わります。モルタル壁に使うフィラーは微弾性という特徴があり、モルタル壁によくある細かいヒビ割れに追従する役割があります。ただ、サイディングには適さないです。もし使用すると、後々膨れが起きることがあります。相性が悪いです。なので、サイディングにはシーラーというあまり厚みがつかない密着性の高い下塗り材を使用します。
屋根も素材によって下塗り材は変わります。
今回のようなコロニアル屋根はシーラー、ガルバニウム鋼板など鉄板系の屋根はプライマーもしくはサビが酷ければ錆止め下塗り材、セメント瓦やモニエル瓦も専用の下塗り材を使い分けます。
特に屋根は外壁に比べて傷みが激しい事が多く、吸い込みが激しい場合は2回以上下塗りを入れなければならない事も多いです。傷んでいても1回しかしない業者もいるので気をつけましょう。その点、LOHASは2回の下塗りが標準仕様なのでご安心下さい!必要があれば、それ以上の回数で塗ります!

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る