現場レポート

山梨県甲府市 外壁塗装工事 下塗り〜中塗り〜上塗り

2021.11.28

上塗りの画像

山梨県甲府市の外壁塗装工事の現場にて下塗り〜中塗り〜上塗りを行いました。

今回は既存に類似する色で仕上げました。

 

施工前は塗装の色褪せにより建物が全体的に白くくすんだ外観になっていましたが、塗装をしたことで色艶が戻り、存在感が出ております!

 

建物は風雨にさらされ様々なところで劣化症状がでてきます。

メンテナンスをするサインを見逃さず、適切なタイミングで建物のメンテナンスをすることが大切ですので、普段から建物に不具合がないか確認をしておきましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状は要注意」をご覧ください。

 

それでは外壁塗装の下塗りと中塗り、上塗りの作業をお伝えしていきます!

 

【外壁塗装の下塗り〜中塗り〜上塗り】

下塗りの画像

 

塗装は下地処理を行なった後に行います。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

下塗りではシーラーやフィラーなどの下塗り剤を塗布します。

今回塗布したのはシーラーです。

 

外壁の状態や素材によって下塗り剤は変わりますので、適切な材料選定が大切です。

シーラーは塗装の付着力を高めてくれる性能があり、塗膜が下地から剥がれにくくなります。

 

一般的にシーラーは白か透明の色をしています。

外壁が劣化していると塗料の吸い込みが多くなりますので、適切な塗膜厚の確保ができるまで塗り重ねます。

 

上塗りの画像

 

下塗りをした後にすぐ塗料を塗り重ねることはできません。

塗料には水分が含まれていますので、ちゃんと乾くまで待つ必要があります。

これを乾燥時間と言いますが、乾燥時間は天候や季節で変わります。

 

ほとんどのメーカーは気温が5℃以下、湿度85%以上の日は塗装しないことを推奨しております。

正しい施工ができていないと施工不良を起こしてしまいますので、正確な現場判断が大切です。

 

中塗りからは仕上げ剤で塗装をしていきます

お客様に選んでいただいている色が仕上げ剤になります。

今回は既存に類似する色を選んでいますが、既存よりも色艶がはっきりして美観性が向上しております。

 

選べる色はたくさんありますので、色選びの際はカラーシミュレーションがおすすめです。

 

詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

【長持ちする塗装に仕上げるために大切なこと】

施工後の画像

 

どんなに耐久性の高い塗料で塗装をしても下地処理や下塗りなどが正しく行われていないとすぐに塗装は剥がれてしまいます。

 

一つ一つの工程を適切に行うことで長持ちする塗装に仕上げることができますので、これから塗装工事をご検討している方は、どんな流れで工事が進んでいくのか、行なっている作業の目的とはなにか、などを知っておきましょう。

 

下のページでも外壁塗装についてお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

 

「塗装工事の流れ」

 

「外壁塗装の下塗り・中塗り・上塗りの役割とは?」

 

中巨摩郡昭和町、甲府市、山梨市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、甲斐市、笛吹市、北杜市、上野原市、甲州市、中央市 西八代郡市川三郷町、南巨摩郡 富士川町、南巨摩郡 早川町、南巨摩郡 南部町、南巨摩郡 身延町、中巨摩郡 昭和町 南都留郡道志村、南都留郡 西桂町、南都留郡 忍野村、南都留郡 山中湖村、南都留郡 鳴沢村、南都留郡 富士河口湖町 北都留郡小菅村、北都留郡 丹波山村で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

山梨、甲府、甲斐市、南アルプス市エリアの外壁塗装店【株式会社LOHAS】

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます