現場レポート

甲斐市S様邸、外壁塗装・屋根カバー工事ルーフィング

2021.9.5

屋根カバー工事、下地ルーフィングになります。
「ルーフィングシート」とは、屋根瓦などの下に敷く屋根用の防水シートのことです。屋根の野地板と瓦の間にあり、私たちが日常生活で目にする機会は少ないものですが、家を守るための大切な役割を担っています。
一般的にアスファルト製の商品が多いため「アスファルトルーフィング」と呼ばれたり、省略して「ルーフィング」と呼ばれたりすることもありますが、屋根の防水下地であることに変わりありません。
防水シートには、雨水が瓦の隙間から侵入しても屋根の下地材に水を浸透させない、という重要な役割があります。防水シートが正しく施工されていれば、強風などで瓦が1枚飛んでしまったり破損してしまったからといって、すぐに雨漏りは起きないでしょう。
雨漏りが起こるのは瓦の破損やずれによって、下地材である防水シートが傷んで穴があいたり破損したときです。
ルーフィングシートは大きな1枚のシートではなく、約1m幅の長いシートで、必要な分をカットして使います。そのため、部分的な補修にも対応可能です。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます