現場レポート

甲斐市A様邸、外壁・屋根塗装 外壁塗装上塗り

2021.4.9

外壁塗装仕上げの上塗りになります。
中塗りと同じ、アステックペイント リファイン1000MF-IRです。
一般的なフッ素樹脂は耐候性に優れるものの静電気を帯びやすく、汚れが付着しやすいのが弱点でした。
超低汚染リファインMF-IRに使用しているフッ素樹脂は表面に無機成分を固着させることにより、帯電性の低い親水性の塗膜を形成させるため、塗膜に汚れが付着するのを防ぎます。
無機成分(特殊強化剤)が持つ極めて優れた親水性(水がなじみやすい性質)により、塗膜に付着した汚れと塗膜の間に雨水が入り、汚れを洗い流すことで塗膜に汚れが付着するのを防ぎます。
促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、6000時間が経過した後も光沢保持率80%以上を保持(耐用年数20年~24年相当)。
塗料の劣化要因である紫外線・雨・熱に対して、フッ素塗料を凌ぐ高い対候性を発揮します。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます