現場レポート

甲斐市A様邸、外壁・屋根塗装工事 コーキング工事

2019.9.4

洗浄作業終わり、コーキング工事になります。
コーキング工事とは、外壁サイディングのボードとボードの継ぎ目をシーリング材で埋める工事のことです。
また、その材料などを充填材・コーキング材・コーキング剤・コーキングと呼びます。
シーリング工事(コーキング工事)の目的は、主に雨漏りを防ぐ防水性の確保にあります。
しかし、新築時は塗装をせずに、シールがむきだしの場合が多い為、紫外線が直接あたり劣化します。
環境によってことなりますが、紫外線等の影響を受けて、約5年を過ぎたあたりからシーリングのひび割れ・肉やせ・はく離等の劣化がはじまります。
経年劣化が始まると、防水性や伸縮性が失われ、雨漏りや外壁のひび割れの原因となりますので、定期的にシーリングの状態を確認することが大切です。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る