施工事例

山梨県中巨摩郡 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事

  • Before

  • After

担当からのコメント

今回ご依頼いただいたのは、0様邸の外壁塗装工事。
新築時から15年ほどが経過する0様邸。
サイディングボードの外壁には、汚れや色あせのほか、塗膜の剥がれ、また、サイディングボードの目地のコーキングには、ひび割れなどの劣化が確認されました。
屋根もスレートの塗膜がところどころ剥がれており、劣化している様子が確認できました。
スレートの塗膜の剥がれは、屋根塗装を行うべきサインの1つです。
足場設置を完了させると、外壁、屋根に付着している汚れやコケ、ホコリなど洗い流す高圧洗浄を実施しました。
業務用の威力が強い高圧洗浄機を使用しているので、ブラシなど手作業で洗浄をするより、はるかに効率よく作業が進みます。
サイディングの模様のくぼみに入り込んだホコリも、吹き付ける水の圧力で簡単に落とすことが可能です。
屋根のスレート材にもひび割れが見つかりましたので、コーキング素材を使い、ひび割れを埋める補修を行い、下地調整用フィラーで屋根の下塗り、GAINAを使用して上塗りを2回行いました。
屋根塗装が完了すると、次は外壁のコーキングの打ち替え補修です。
古いコーキングを撤去し、カッターナイフでコーキングに切り込みを入れて、手で引っ張って古いコーキングを取り除き、コーキングプライマーと呼ばれる下塗り材を塗布しました。
コーキングプライマーを塗る目的は、下地とコーキングが密着しやすい環境を整えるためで、もしコーキングプライマーを塗らなければ、コーキングは本来の耐用年数である5〜7年を待たずして、剥がれたり浮いたりしかねません。
コーキングプライマーを塗り終えると、「コーキングガン」と呼ばれる専用の道具で新しいコーキングを打ち込みます。
その後、表面にでこぼこができないようにヘラなどで平たくならしたら、補修作業は完了です。
コーキング補修を終えると、ローラーを使って下塗りの作業に入りました。
さらに中塗りを終えて塗料を十分に乾かしたら、最後の仕上げとなる上塗りを行います。
全ての外壁塗装を終え、ツヤのある青い外壁へと生まれ変わり、施工前よりも清潔感のある住宅になりましたね。

施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事
使用材料ガイソーウォール無機F、GAINA
工事日数17日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る