ブログ

ベランダ手すりは塗装した方がいい?必要性と注意点

2022.1.18

ベランダ手すりの画像

外壁塗装は付帯部も塗装します。

一部でも塗装が古くなっているところが残っていると、そこがかえって目立ってしまうため、建物全体をきれいにすることが美観を保持することにつながります。

 

ベランダ手すりも例外ではありません。

ベランダ手すりは金属製のものが多いですので、錆には注意しておきたいところ。

そこで、ここではベランダ手すりの塗装の必要性や注意点をご紹介していきます。

 

【ベランダ手すりは塗装した方がいい?】

ベランダ手すりの画像

 

まず、ベランダ手すりは塗装をした方がいいのか、と疑問に思われるかもしれません。

そもそも外壁塗装自体が高額ですから、少しでも塗装する場所を減らして費用を抑えたいと考えている方も多いでしょう。

 

結論から言いますと、外壁塗装を行う際はベランダ手すりも塗装した方がいいです。

なぜ塗装をした方がいいかというと、もともとベランダは雨漏りを起こしやすい場所で、塗装はもちろんコーキングやパッキンなどで水が入ってこないように防水処理がされているからです。

 

美観性を保つのも当然ありますが、ベランダ手すりの塗装は何よりも雨から建物を守ることに繋がりますので、塗装が劣化していたら塗り替えておくことが重要です。

その他にもベランダ手すりを塗装した方がいい理由はあります。

 

それは錆によって朽ちてしまうことです。

鉄製で作られている場合は錆びると脆くなるため、そこに手を置いたり、体重をかけたりしたら折れてしまう恐れがあり、安全性に欠けます。

 

錆の侵食が進んでしまうと表面がボコボコになり仕上がりも悪くなってしまうため、痛みが出てこないうちに塗装しておくことが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【ベランダ手すりは付帯部に含まれる】

ベランダ手すりの画像

 

ベランダ手すりは付帯部に含まれるところです。

しかし、付帯部に含まれるからと安心して見積書をよく確認しておかないのは禁物。

業者によって塗装する箇所に違いが出るため、ベランダ手すりが含まれていないこともあります。

 

外壁塗装をする際はどこを塗装するのか自分でも見積書をよく確認しておくことをお勧めします。

ここで押さえておきたいポイントがありまして、それは、見積書はできるだけ詳細に書かれていることです。

見積書は業者がどんな工事をするのか文書化しているものですので、見積もりに含まれていないところは工事を行なわないのが基本です。

 

口頭でやりとりすることもありますが、言った言わないのトラブルになるケースもありますので、口約束で終わらないように見積書に一筆もらっておくことをお勧めします。

 

見積もりや塗装箇所についてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

【ベランダ手すりの塗装手順】

外壁塗装の画像

 

それではベランダ手すりの塗装手順をお伝えします。

 

①洗浄

②下地調整ケレン

③下塗り(錆止め)

④中塗り~上塗り

 

塗装をするのに洗浄をするの?と思われるかもしれませんが、施工前は年数が経っているため塗布面が汚れていたり、古い塗装が残っていたりし、塗装が密着しにくくなります。

 

まずは塗装する前に洗浄をして不純物を取り除いておきます。

下地調整は塗布面を研磨して塗料の密着性を高めます。

 

研磨する作業をケレンといって、サンドペーパーやヘラなどで塗布面を磨き旧塗膜や錆など塗装のつきが悪くなるものを除去しておきます。

下塗りには中塗りや上塗りに使う塗料ではなく、塗装の土台となる下塗り剤を塗布します。

 

鉄部の場合は錆止めを塗布するのが一般的で、これは錆の発生を防ぎ、塗料の付着力を上げることができます。

中塗りと上塗りは基本的に共通の塗料で塗装していきます。

 

塗装は必要な塗膜の厚みがあります。

適正な塗膜厚が確保されていないと塗料の性能は落ちてしまいますので、厚みが足りない場合は再度塗料を塗り重ねることが大事です。

 

塗装での下地処理の重要性についてはこちらの「塗装前の下地処理」でお伝えしております。

 

【ベランダ手すりがアルミの場合は?】

ベランダ手すりの画像

 

鉄製の部材は錆の発生を防ぐために定期的に塗装が必要ですが、アルミの場合は少し勝手が変わります。

現在ではアルミがよく使われています。

アルミは酸化皮膜とアルマイト処理により非常に耐食性のある金属です。

 

劣化や錆、色あせを起こしにくい金属で、基本的には塗装をする必要はありません。

また、アルミは塗装が付着しにくい金属なため、通常の施工ではすぐに剥がれてしまいます。

それではアルミは塗装できないかというとそうではありません。

 

アルミの塗装は適切な下地処理と材料選定がされていれば問題なく行えます。

アルミでも白錆が出て美観を落としてしまうケースがありますので、もし塗装をしてきれいにしたいという方は、塗装業者に相談しましょう。

 

【穴が開いたり、折れてしまったりした時の補修方法】

錆が広がり腐食を起こしてまった場合、塗装では損傷したところを直すことはできません。

穴が開いてしまったり、折れてしまったりすると、そこから水が入りますので、さらに脆くなってしまう恐れがあります。

 

損傷したところはできるだけ早く直す必要がありますので、このような損傷は部分補修を行いましょう。

朽ちてしまったところを塗装で直すことはできませんが、溶接をして朽ちてしまったところを継ぎ足すことは可能です。

 

溶接することで水の侵入を防ぐことができますので、もし穴が開いていたり、折れていたりしたら溶接をして部分補修を行なってから塗装を行いましょう。

 

【ベランダ手すりはコーキングやパッキンの交換もご一緒に】

コーキングの画像

 

ベランダ手すりは塗装の他にもコーキングやパッキンのメンテナンスも行なっておくことをお勧めします。

コーキングやパッキンがあることで水の侵入を防いでいますので、劣化している場合は新しくしてあげましょう。

水はわずかな隙間からでも入ってきてしまいます。

 

一度でも雨漏りを起こすと、そこに水の通り道ができ、違う場所から入ってきた水がその通り道を辿ってきます。

雨漏りのリスクが大きくなるばかりか、水の通り道ができるとどこから水が入ってきているのか特定が難しくなります。

建物への被害も甚大なため、雨漏りを起こさないためにも防水のメンテナンスはこまめに行なっておきましょう。

 

防水工事はこちらから

 

“mu”

 

中巨摩郡昭和町、甲府市、山梨市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、甲斐市、笛吹市、北杜市、上野原市、甲州市、中央市 西八代郡市川三郷町、南巨摩郡 富士川町、南巨摩郡 早川町、南巨摩郡 南部町、南巨摩郡 身延町、中巨摩郡 昭和町 南都留郡道志村、南都留郡 西桂町、南都留郡 忍野村、南都留郡 山中湖村、南都留郡 鳴沢村、南都留郡 富士河口湖町 北都留郡小菅村、北都留郡 丹波山村で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

山梨、甲府、甲斐市、南アルプス市エリアの外壁塗装店【株式会社LOHAS】

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます